読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレ的Twitterまとめ《最果ての酒場》-黒い砂漠ブログ跡地

管理人のTwitterのタイムラインを日記的にゆるくまとめるブログ。基本ポジティブでいきたいと思います。元は黒い砂漠の初心者向けメモブログ。

黒い砂漠でソロギルドや二人ギルドといった少人数ギルドってどうなの?+仕事の話

プライベートな話など 黒い砂漠-メモ

ソロギルドや少人数ギルドって実際のところどうなのか、メモっていきます。ついでに日記的なものも下のほうに。
こんな内容でお送りしていきます。


どうも、エルザインです。
自分でギルド作ってみたいって人は多いと思うんだが、実際のところ、ソロや少人数で運営が成り立つのか疑問に思う人はいるだろう。今回は、少人数でのギルド運営はどうなるのかをまとめてみた。
というか、自分でもギルドを作ってみたので経験談も含めて紹介していくよ。

少人数ではギルドミッションを受けられない

少人数ギルドだと、ギルドミッションを受けることができない
なぜかというと、ギルドミッションを受注するときには、アクティブなメンバーが3人以上をいる必要がある。

f:id:Elzain:20161025190100j:plain

ギルドメンバーが3人以上、なのではない。現在オンラインのメンバーが3人以上、ということだ。この条件をクリアするのが少人数だと厳しいのではないだろうか。
つまり、サブアカでギルドメンバーを水増ししてもだめだ。

メンバーの水増しには、サブアカの数だけパソコンが必要

強いて言うなら、パソコンが複数あり、同時にログインできる環境があるなら水増しする意味が出てくるだろう。しかし、自分一人でギルドミッションを受ける場合、ログインできるパソコンが三台必要であるということだ。

しかも、ギルドミッション自体は複数人でこなすことを前提としているため、パソコンが何台あったところでクリアすることは難しいだろう。時間制限のある採集クエストなど、一人ではどうしても達成することができない。

公式はあんまサポートしきれてないように思う

このことが公式サイトにはどこにも書かれていないような気がするので、ちょっと不親切ではないかなと感じる。オレが調べた時は、「二人でギルドミッションへ行こうと時間を決めて集まった人達が、受注できずにションボリ解散となった」という話があって、これはさすがにどうにかならなかったのか、と思うわけだ。

とりあえず、声を大にしていたい。
ギルドミッションは、ギルドメンバー3人がオンラインでないと受けることができないんだ。

ギルドミッションが受けられないとどうなるのか

ギルドミッションを受けられないと、効率よくギルドポイントをためることができない。ギルドポイントをためることができないと、ギルドの大きな目的の一つであるギルドスキルを発動させることができなくなってしまう。

狩りや加工・採集といった活動でギルドポイントはもらえる

厳密に言うと、狩りや加工・採取といったあらゆる活動を行うと地味にギルドポイントは増えていくので、少人数ギルドを作るならば、可能な限り早い方がいいという意見も散見された。何か適当に行動していれば、少しずつギルドポイントは増えていく、ということだ。

しかしながら、大きなうまみのあるギルドミッションを受けることができないというのは、かなり厳しいのではないだろうか。ギルドの目的や楽しさが半減以下といっていいだろう。

ソロでガッツリギルドコンテンツを楽しもうとすると肩透かしを食らう

まあ、地味にギルドポイントがたまればいいよね、という気持ちでギルドを作るならば全く問題ない。しかし、少人数でもいいからガンガンギルドミッションをこなしてポイントをためていきたいよね、という気持ちでギルドを作ると、大きな肩透かしを食らうことになるだろう。

いずれ、ソロや少人数ギルドにも優しい世界になってほしいと願うばかりだ。

ソロ・二人・少人数ギルドのポイントまとめ

  • 3人以上がオンラインでないとギルドミッションを受けられない
  • サブアカでのギルドメンバー水増しは無意味(パソコンが2台以上あるならOK)
  • 何らかの活動を行うことで、地味にギルドポイントをためられる
  • 効率は悪い。ギルド自体が大人数コンテンツであるということ

少人数ギルドについてはこんな感じ。まあ活動を行えばギルドポイントがたまるので、作るならば先に作っておくといかもしれない。

仕事であった偶然の話

プライベート的でものすごくどーでもいい話を一つ。

今仕事で、高評価の料理店を紹介するというグルメ記事を書いてるんだけど、その中に何か見覚えあるような外観の店が…?
数年前に友人らと計6人でトリプルデートしたんだけど、その時に立ち寄った店が仕事リストのなかにあったんだな。友人に確認したらまさにその通りで。すっげー懐かしい気持ちになったw
いやー、あの頃は若造だったなーw

f:id:Elzain:20161025190112j:plain
中国料理・広東料理|聘珍樓(へいちんろう)
ちなみにこのお店。クオリティの高い中華の店なので、横浜近辺のかた、気が向いたら足を運んでみてください。

あー久しぶりに中華街行って暴飲してぇw


↑ポチッてもらうとモチベがあがります